天体総合スターウェーブ

宇宙天体写真やイベント情報、各地のプラネタリウム、天文台の紹介、天体望遠鏡のレビューなど

STARWAVE
名古屋市科学館

名古屋市科学館

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋市科学館

04-01

当館は昭和37年に開館し、40年余の歴史をもち、平成元年には「生命館」を開館すると同時に、既存館を大改修し、その姿を一新した。科学館は天文館、理工館及び生命館の3 館から構成され、個々の概要は次のとおりである。なお、各館とも、展示品だけでなく、毎日時間を決めて説明員による実演があり、サイエンスホールでは、土曜日にサイエンス映画の上映とストリートオルガンの演奏を行っている。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、1962年に開館しました。最近では年間約25万人という日本でトップクラスのプラネタリウム見学者数があります。さらにその7割近くが、前にも見たことがあるという、いわゆるリピーターです。
繰り返して足を運ぼうという気になるその魅力は、専門職員による生解説、美しいツアイスプラネタリウムの星空をじっくり見るという基本スタイル、毎月テーマを変えて天文に関する幅広いテーマを取り上げるなど、いろいろ。
番組内容は資料収集から企画、構成、映像の作成、音楽等の編集、コンピュータープログラミング等を、実際に解説をする専門職員の手で行っています。ステレオタイプの施設では味わえない「プラネタリウム」本来の良さを感じていただければ幸いです。

住所:愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号 白川公園内
TEL:052-201-4486
開館時間:午前9時30分~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、直後の平日を休館します。)、第3金曜日、年末年始 詳しくはHPを参考にして下さい。
料金:一般600円、大学・高校生400円、中学生以下は無料 詳しくはHPを参考にして下さい
ホームページ:名古屋市科学館

 

« »