天体総合スターウェーブ

宇宙天体写真やイベント情報、各地のプラネタリウム、天文台の紹介、天体望遠鏡のレビューなど

STARWAVE
日本科学未来館

日本科学未来館

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本科学未来館

09-01

独立行政法人科学技術振興機構
日本科学未来館とは、先端の科学技術と私たちをつなぐ活動体であり、東京・お台場にあるサイエンスミュージアムをその拠点にしています。
展示やセミナー、実験教室など、ミュージアムという場を生かした活動の一方で、ウェブや出版物、映像などのコンテンツ制作や情報発信、また科学技術を伝える手法の開発や人材の育成を行っています。
これらを通して、研究者やメディア、学校、ボランティアなどとのネットワークを築き、ミュージアムの内と外の両面から、先端研究の世界と社会を近づけていきます。

愛知万博では「自然の叡智」を具現化する一つの切り口とし、「冷凍マンモス」の実物を貴重な資料としてとらえ、環境と生命の関わりの謎を解明する試みがなされました。 未来館では、先端の科学技術を通した新しい視点で、人間と環境についてより深く考える機会を提供します。 マンモスを絶滅に追いやった太古の人間の生活と現代の人間の営みを対比し、マンモスが眠るシベリアの自然環境について科学の視点で解説します。
サハの永久凍土層から現代によみがえった絶滅大型ほ乳類「マンモス」が私たちに伝えたいメッセージとは何か。 現代のシベリアという極地で起こっている現象を科学の言葉で解き明かし、地球温暖化に対する科学者の取り組みを紹介します。
会期中、研究者によるトークイベントやシンポジウムを開催し、マンモス絶滅の謎や地球温暖化の危機について取り上げていく予定です。

住所:東京都江東区青海2丁目41番地
TEL:03-3570-9151
開館時間:10:00~17:00 詳しくはHPを参考にして下さい。
休館日:毎週火曜日、12月28日~1月1日 詳しくはHPを参考にして下さい。
料金:大人500円 18才以下200円 詳しくはHPを参考にして下さい。
ホームページ:日本科学未来館

 

« »